治療と癒しの国家資格|現代社会に求められてるお仕事|心理カウンセラーの資格を取得しよう
レディ

現代社会に求められてるお仕事|心理カウンセラーの資格を取得しよう

治療と癒しの国家資格

マッサージ

養成学校へ入る前に

マッサージの仕事をするためには「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格が必要です。あん摩マッサージ指圧師を取得するためには3年制以上の養成学校で学んで卒業し、国家試験に合格する必要があります。あん摩マッサージ指圧師は医療系の資格であるため、養成学校では基礎医学についても学習します。養成学校に入る前に人体の構造に関することなどを予習しておくことで養成学校で学びやすくなります。また、既に大学等を卒業した社会人が養成学校に入る場合、大学等で修めた科目の一部が認定されることもあります。特に、公衆衛生や生物学などに関する科目はあん摩マッサージ指圧師の養成学校でも学ぶことが多いため、科目や単位を認定される可能性があります。

幅広い活躍の可能性

あん摩マッサージ指圧師の就業として挙げられるのは、治療院(施術所)の開業をはじめ、医療機関や福祉施設などがあります。また、あん摩マッサージ指圧師の養成学校では、はり師・きゅう師(鍼灸師)の資格も併せて取得できることが多いため、治療院の開業にあたっては三つの資格を活用して幅広い治療を行うケースが多いです。医療機関では主にリハビリテーション科や整形外科などにおいて、マッサージの技術を活用したリハビリなどを行います。また、福祉施設では介護施設の機能訓練指導員に任用されることもあります。なお、あん摩マッサージ指圧師として5年以上の実務経験を積むと、介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格が発生します。介護支援専門員も併せて取得することによって、介護関係と関連した業務を行うことも可能です。